2017年04月17日

『おとぎの森の幼女姫』――キャラメる語り 第四回 ミーガン公女――

『キャラメる語り 第四回 ミーガン公女』

 悪人でも善人でも端役でも、「何を思い何故にそのように行動するのか」筋を通したい。それが外側から見てどれほど歪んでいても、彼女にとってはまっすぐな道。

ミーガン公女.jpg


 悪役の一人は美少女にしようと決めていました。さらさらの金髪、白磁のようになめらかな肌、底知れぬ青い瞳。名匠の手による彫像もかくやという美貌の持ち主。本人も自分が美しいと知っている。人形のように美しく、一点の曇りも無い透明な少女。

 しかしその心は冷たく空っぽ。身に着けているのは、フリルとレースをたっぷりあしらい真珠をたくさんぬい付けた青いドレス。現実の歴史では、存在しないはずのレベルの技術で作られた衣服。この辺は世界観の「ちょっとふんわり」した部分にあたります。
 なお、ミーガン公女は野望卿の最初の結婚で生まれた娘です。二度目の母親とは血のつながりはない。正式な王位継承者として認められるには、「父親もしくは母親からの地位の継承」が必要です。

 年はやっと十歳になったばかり。きっと、もっと幼い頃は自分そっくりの人形を抱いて、絹のクッションの上にちょこんと座っていたのでしょう。その人形はだれかの手作りだったのか、それとも贅を懲らして職人に作らせた高価な玩具だったのか……。

 彼女はとても聡明で、冷静で、賢い娘です。大きな鏡、曇りひとつないサファイア、ミーガン公女の周囲にある物はどこまでも透明で、冷たい。容姿の比喩も宝石、金属、陶器、水晶とことごとく無機物。
 笑ったり怒ったりすることもあるけれど、その基準は普通の人間とはちがっている。たぶん、彼女なりに感情というものを理解してはいるのでしょう。理解しているからこそ、利用することができる。しかし自分以外のだれかを思いやったり、慈しんだりすることは無い。

 容姿も性格もほぼ一発で決まり、彼女に関しては初期案から変更はありません。ララ姫とは別のベクトルで趣味の限りをつめこんだお姫様。

 何もかもさくさく決まったかと言えばさにあらず。実は名前が決まるまでに、一番難航したのがこの公女さまでした。父親と同じくドイツ語系にするか、それともララ姫やギデオンと同じく英語ベースの名前にするか。候補をいくつか選んであーでもないこーでもないと書いては消し、書いては消し。アイディア帳の公女の項目はいくつもの名前を書いて消してをくり返し、紙がすっかりよれよれになってしまいました。

 目をこらすと、どうやら一番最初に思いついたのは「フェリシア」という名前だったようです。ヒロインっぽい名前にしたかった。途中で「アンナ」「ハンナ」とドイツ方面を回り、最終的にはMeganに。
 まず英語の綴りを決めたら、次は読み。候補はミーガン、メーガン、メイガン、試しに口に出して舌の上で転がして「ミーガン」に決めた。意味は「力のある者」そして「真珠」。ここまで決まったら、自然と衣装に真珠をたくさんぬい込むことが決まりました。

 フリルとレースのたっぷりついたふわふわの青いドレスにも。小さな愛らしい靴にも真珠をたくさん、たくさんぬいつける。触れ合うと、からからと軽い音を立てる。そう、真珠は見た目の割にとても軽い宝石だから。歪んだものほど強い輝きをまとい、とても儚い。

 ミーガン公女を始め、悪役サイドのキャラクターたちは普通に『食事』をする場面がありません。人間だから食べているはずなのだけれど、見せない。意図的に書かなかったのです。対してララ姫と騎士、ドラゴンは食べています。食べるところを見せると、生活感が出る。生きている体のぬくもりや質感を感じる。
 だから、逆に生活感や体温を感じさせたくないキャラクターは、食事する場面を書かない。これはずっと昔、池波正太郎先生の時代小説で学んだこと。

 あえて公女さまが何を食べているのか考えると……多分、スミレの花の砂糖漬けとか、花の蜜とか、そんなものを食べているのかも知れません。きっと、眉ひとつ動かさずに。

 (第四回/了)


第三回(野望卿ジークフリート)はこちらから

第二回(スパイク・スケイル)はこちらから

第一回(ララ・リリア姫)はこちらから

発売記念おまけSSはこちらから

試し読みはこちらから

Amazonでのお買い求めはこちらから

posted by 白好出版 at 17:32| おとぎの森の幼女姫