2016年06月02日

「鉢かぶっちゃった姫」あらすじとキャラ紹介


こんにちは!

GW前に制作発表していた『鉢かぶっちゃった姫〜蠣館奇譚(かきだてきたん)〜』ですが、順調に作業もすすんでおります。
そこで今日はあらすじとキャラ紹介をさせていただきますね。

まずは気になるあらすじですが――


猫崎(ねこざき)ユヅル、愛称ネコルは困惑していた。
ヘッドギアをかぶり、原付を投げ飛ばし、自分のことを都市型作戦兵器のロボットだと言い張る謎の美少女、度会(わたらい)ヒカリが転校生としてやってきたからだ。
敵の排除とばかりに椅子を投げるなどして毎回騒ぎを起こすヒカリ。それを片っ端から止めに入るネコルだったが、その一方で遠く苦い記憶が思い起こされていた。

このポンコツ……まさか、あの『ぴーちゃん』?

鉢(ヘッドギア)をかぶった彼女はいったい何者?
謎の多い地方都市、垣ノ立市で繰り広げられる、ちょっと奇妙なボーイミーツガール。



――です!
ぴーちゃんとネコルの関係は? ヒカリはなぜ変なモノをかぶっているの? その理由は……?


続いてキャラ紹介です!

まずは、謎の美少女転校生、度会(わたらい)ヒカリです。


鉢キャラデ1.jpg



予想以上にヘンなのかぶっていますね! これで騒動起こさないのはウソですね!


次は主人公、猫崎(ねこざき)ユヅル、愛称ネコルとネコルの幼なじみ、海老原凪(えびはら・なぎ)です。

鉢キャラデ2.jpg


ネコルは少年がそのまま大きくなったような感じですが、凪は可愛い容姿でありながら中身は……というクセ者です。


最期はクラス委員長、ルーシー・西村・ストラットフォードとネコルが所属する生物部部長で先輩の久遠霧香(ひさえ・きりか)です。

鉢キャラデ3.jpg


ルーシーは金髪サイドテールの真面目な学級委員長、ネコルやナギと昔なじみです。霧香先輩はネコルの憧れの人ですが、興味があるのは虫や動物という変わった性格。

このようなキャラが織りなす、ちょっと変わったボーイミーツガールです。

なお、発売日は2016年7月7日になりました!
あと一ヶ月と少し、楽しみにお待ちいただければm(_ _)m

『鉢かぶっちゃった姫〜蠣館奇譚(かきだてきたん)〜』

著   :竹岡葉月
イラスト:成瀬ちさと

B6小説本
定価:本体1,300円+税
2016年7月7日発売




posted by 白好出版 at 18:00| 鉢かぶっちゃった姫