2017年04月15日

『おとぎの森の幼女姫』――キャラメる語り 第三回 野望卿ジークフリート――

『キャラメる語り 第三回 野望卿ジークフリート』

 キャラメる語り三回めは、野望卿ジークフリート。
 読者さんからは親しみをこめて「ジーク」とか「幼女と結婚したいヒゲの人」と呼ばれている、ダンディでノーブルなおじさんです。年齢は四十代、一度めの結婚で貴族になって、二度めの結婚で王族の地位を得て、三度目の結婚で王になろうとたくらむ男。そして一人の娘の父親。悪役ですが、あえて英雄と同じ名前をつけてみた。

ジークフリート卿.jpg


 基本コンセプトはわかりやすい悪役(ヴィラン)。
 時代劇の悪代官よろしく自分の欲望に忠実、まっしぐら。生娘でコマ回しこそやりませんが、とにかくやりたい放題好き放題。徹頭徹尾下衆の限りを尽くし、「わーるいやっちゃなー」と言われ続け、退場に際しては爽快感をふりまくのが役目。ことあるごとに「ララ・リリア姫と結婚するのだ!」と叫ぶ。
 そして小物。ひたすら小物。権力を手にしても、国と民とを統治することはできない。そもそも国を治めるつもりがない!

 王位継承者の幼い姫と結婚し、王位を継ごうと企てるのは王族としては有り。と、言うか割と普通です。しかし、さすがに庶民の感覚からしてみれば齢七歳の女の子と結婚しようと血眼になって探し回るのは……『筋金入りのど変態』呼ばわりされるのもやむなし。

「俺は王になる! →祝福された王族以外は王位につけない → よし、国王夫妻を暗殺して幼女姫と結婚だ!」
 いったい何だって彼はこんなに回りくどいことをしたのか?

 野望卿が二度目の婚姻によって王族の一員となった時、国王ご夫妻にはまだお世継ぎとなる子供がいませんでした。いちばん近い身内は『王の従妹』、その夫である野望卿は王位に比較的近い位置にいたのです……ララ・リリア姫が生まれるまでは。姫の誕生によって全てが変わり、彼は妻を暗殺して反乱の計画を立て始めたのです。そして物語の始まる直前に実行に移した。

 彼のやりたいことは終始一貫、はっきり決まっています。決してブレません。むしろそれ以外は何もしない。そして野望を遂げるために行動した結果、何が起きようがお構いなし。故に彼の行動は『暴政』となる。

 ブレないのもそのはず、キャラクターとしての野望卿は『姫を狙う』ために作られたのですから。

 亡国の姫が、騎士とドラゴンに守られる話を書きたかった。では、何から姫を守るのか。姫を捕えようとする存在が必要だ。ではその理由は? 動機は? こうして「幼女姫と結婚するのだ!」と連呼する反逆の貴族が誕生しました。

 政治的に正しい判断とは言え、目をぎらつかせ、親子ほど年の離れた幼い姫と結婚したがる男。なまじ命を狙う敵よりたちが悪い。おじさん騎士もドラゴンも、叫びたくもなろうってもんです。
「ウチの姫に近づくな!」と。

 実は、ジークフリート卿には苗字がありません。他の登場人物もまた然り。ララ・リリアは一続きの名前、ギデオンの「ソーン」は「茨」、つまりあだ名。スパイク・スケイルは前回お話ししたように「尖った鱗」の意。いずれも苗字ではありません。白雪姫やいばら姫、赤ずきん、カエルの王様が苗字を持たないように。

 実は、その2。性格、行動、口調、動機、そして名前。全て決まっていたのにこのお人、最後の最後まで詳しい容姿が決まっていませんでした。そう、目つきや言動はことごとく詳しく描写していたのに……。何しろ、挿絵の打ち合わせの段階で初めて気づいたくらいでして。
「野望卿の容姿ってどんなのですか」
「えーっと…………ヒゲです」
「ヒゲ」
 しまった、これじゃヒゲのおじさん二人で区別がつかない! 急いでこう付け加えました。
「野望卿は整ったヒゲで、おじさん騎士はぼっさぼさの無精ヒゲです」
 結果はご覧の通り。

 実際の打ち合わせメールには、さらにアメコミのキャラクターにたとえたとてもとても具体的な記述が続いておりまして。キャラクターのラフ画が公開された時、一発で見抜いた方もいらっしゃいました。さすが。


(第三回/了)

第二回(スパイク・スケイル)はこちらから

第一回(ララ・リリア姫)はこちらから

発売記念おまけSSはこちらから

試し読みはこちらから

Amazonでのお買い求めはこちらから

posted by 白好出版 at 17:05| おとぎの森の幼女姫